ミミズコンポスト 問題発生!

2011年8月18日 (木)

ミミズ箱復活作戦

夏の真っ盛りに1ヶ月以上も放置してしまって、ミミズ箱は培地がすっかり乾燥してしまいました。
そのため特に1号箱はミミズが激減してしまって、ほぼ壊滅状態というありさま。
先日ちょっとだけ注水してみましたが、容量が100リットル以上もあるミミズ箱にとってはほとんど効果がなさそうでした。
というわけで次の手です。
シュレッダーで細く裂いた新聞紙をたっぷり濡らして培地に大量に混ぜ込み、水分不足とエサ不足を一気に補ってしまおうという一石二鳥作戦です。

Img_6207
新聞紙投入まえ、1号箱。
表面にミミズの姿はまったく見えず、未処理のゴムの葉っぱにトビムシ?が群がっています。
培地をほじってみるとようやく数匹のミミズをみつけましたが、なんだか見るからにやせ細っている感じ。

Img_6206
2号箱。
培地がぐうぅぅんと減っています。
こちらは1号箱ほど被害がないようで、ちょっとほじっただけで大量にワラワラ出てきます。
同じように乾燥しているのに、この違いは何なのか?
ちなみに培地温度は30℃。
去年は連日35℃越えしてたんでしたね。

Img_6211
作業開始1号箱。
培地に穴を掘り、シュレッダーで刻んだ新聞紙を水に浸して適当に放りこみます。
でもあんまり無造作だと新聞紙が固まりになってしまうので、適度にほぐしながらというのがコツ。
新聞紙から染み出た水で培地が均等に湿ってくれたらいいんですが。

Img_6212
作業終了1号箱。
ちょっと新聞紙が多すぎましたか。埋め切れていません。

Img_6213
同じく2号箱。
培地の量がイマイチですね。
でも半月分くらいの新聞紙を埋めたんですが。

あとで気がついたんですが、新聞紙じゃなくてやし繊維を使った方が作業的にはラクだったかもしれませんw(゚o゚)wシマッタ
でもまあ、新聞紙の方がリサイクルふうだしお金もかからないし、エコっちゃエコなんでこれでいいのだと思うことにします(負け惜しみ)

あとはミミズの回復を待つのみ
にほんブログ村 その他ペットブログ その他珍しいペットへ
にほんブログ村

2011年8月 7日 (日)

ミミズ箱が瀕死の状態!

ひさびさの投稿です。
ただいま地域がらみ・会社がらみのアレコレでプライベートな時間がほぼ全滅な状態です。
ずっと放置したままのミミズ箱は、培地がカラカラに乾燥していて、特に1号箱のミミズが激減しています。
さっきあわてて注水してきたんですが、はたしてどうなることか…?

にほんブログ村 その他ペットブログ その他珍しいペットへ
にほんブログ村

2011年6月 7日 (火)

堆肥受けに漏水対策・1号箱に400グラムほど

職場の上司が6月いっぱいで辞任…じゃなかった退職することになり、引継ぎだのなんだのでかなりのプレッシャーです。
そんなわけで気分的にブログの更新がおろそかになりそうです。(この記事も日曜日のネタだし)

堆肥受けからの液肥の流出が止まらないため、こんなものを買ってきました。

Img_6119
特大サイズのポリ袋です。
広げると幅が90センチ、奥行き30センチ、高さが120センチになります。
ダイソーにて購入。

Img_6121
まあこんな感じで。
高さ120センチは必要ないので適当に切って使いました。
呆れるくらいシンプルな解決策です。
最初からこうしておけばよかった。
そうしなかったのは堆肥保管箱を兼ねていたためです。
まあ実際はそんなふうには使ってなかったですけど。
上の写真は2号箱。

Img_6123
こちらは1号箱。
写真だと分かりにくいかもしれませんが、袋がけっこうパッツンパッツンです。
なにせ、堆肥受けの大きさがミミズ箱本体と同じくらいデカイので、特大サイズとはいえ余裕がありません。

Img_6131
さっそく液肥が溜まりました。
この液肥は別名「ミミズのおしっこ」ともいうそうです。
悪臭はしませんが。
この液肥は2号箱のものです。
2号箱にはこのあと培地を大量追加したので、余分な水分が液肥として排出されたというわけです。



ついでに1号箱に生ゴミ400グラム投入しました。

Img_6130
キャベツとレタスです。
キャベツは千切りにしましたが、レタスは適当に手でちぎっておきました。

後継者不足…
にほんブログ村 その他ペットブログ その他珍しいペットへ
にほんブログ村

2011年6月 2日 (木)

また漏れた

またまた1号箱の堆肥受けから液肥が漏れてしまいました(泣)
防水加工してるので安心してたのに…油断でした。
あの程度では、単なる一時しのぎにしかならないようです。
さっさと液肥採取すればよかったんですが、ここしばらくバタバタしてたので…。

堆肥受けに残ったミミフン混じりの液肥と床をぬぐった新聞紙は、ミミズ箱に放りこんでおきました。
ついでにレタスを数切れ埋めておきました。

励ましのクリックを
にほんブログ村 花ブログ 堆肥・肥料へ
にほんブログ村

2011年4月 2日 (土)

1号箱に400グラム~2号箱が過湿状態~1号箱にまた400グラム

きょうの生ゴミ投入はキャベツ800グラムを提供されたので、1号箱と2号箱に半分ずつ入れようと思ったんですが…。



Img_5902
1号箱投入まえ。
あいかわらずカビがちらほら。
当ブログの主役シマミミズの姿もチョロチョロ見えます。



Img_5903
まずキャベツ400グラム分の穴を掘りました。
以前に埋めたキャベツが出てきました。
いつ埋めたものか憶えてないけど、残念ながらほとんど処理が進んでいないようです。
でもミミズがたくさん集まっていたので、そのうちに無くなると期待してます。
そうそう、穴を掘ってて気がついたんですが、培地に潜っているミミズたちはまるまる太っててなかなか貫禄がありました。



Img_5904
キャベツ400グラム投入。
このあとジョウロで水を撒いて埋めておきました。



Img_5901
さて2号箱。
表面が生ゴミだらけです。
生ゴミ投入は半月ぶりなのに、ちっとも処理が進んでいないようです。
この状況で400グラム投入は無理かなぁ。



Img_5906
というわけで培地の中を見てみました。
すると、ちょっと掘ってみただけで未処理のゴミが出るわ出るわ…。
3/5 に投入した生ゴミ1キロの処理が進んでいないようです。
それと、どうも培地の中が過湿状態のようです。
これはマズイ…。



Img_5907
というわけで、生ゴミ投入は中止です。
かなり徹底的にかき混ぜました。
これで生ゴミ処理が進んでくれるといいんですが。
ちなみに培地温度は10℃でした。



Img_5908
急遽1号箱に400グラム追加投入することにしました。
1号箱には投入に次ぐ投入になってしまいます。
このあたりには3/22に400グラムほど投入してるんですが、見事に無くなっています。
もしかして1号箱、絶好調?



Img_5909
ちょっと切り方がおおざっぱですが…。

Img_5905
投入後。

1号箱もやるときはやります
にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

2011年1月17日 (月)

ヒメミミズが!

年末にパソコンが壊れました(´・ω・`)ショボーン
落雷でパソコンが壊れたのはこれで2台目です。
先日やっと新しい中古のマシンを購入しまして、ようやく復活できました。
そんなわけで、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



さて今年最初のミミズコンポストは1号箱。

Img_5712
アボカドのまわりになにやら群がっています。
これはいったい…。



Img_5715
ヒメミミズの大集団です!

じつは年末ごろからじわじわ増えだしていました。
12/30に撮った写真がこれ↓
Img_5700
培地表面に白い糸くずみたいに散らばっているのがヒメミミズです。
もしかしてこれはマズイかも…と思って、箱の中をかき混ぜてみたりもしたんですが、事態はあまり変わらなかったみたいです。
こうなったら石灰でも撒いてみようか、と考えたりしていますが、でももうちょっと様子を見ようか、少し迷っています。

にほんブログ村 その他ペットブログ その他珍しいペットへ
にほんブログ村

2010年11月30日 (火)

1号箱にカビ

踏み台昇降を始めて10日。
最初のころは1日10分でも息は切れるし動悸もするしでキツかったんですが、このごろは慣れてきたのか10分×2セットでもたいしてキツく感じなくなってきました。
そこで運動量を増やそうと思って、腕を振ってみることに。
いやあ、これは効きます。
ただ、不器用なので、足と手が同期しなくてコンガラガルのが困ったものですが…。



きょうの生ゴミ投入は1号箱です。

Img_5532
このまえゴミを埋めたので、地表にはあまりミミズの姿はありませんでした。
そのかわり目についたのがカビ。
たしか前にカビが生えたとき、1号箱の連中は素早く対処して、箱内がカビだらけになるのを防いでくれたんでした。
今回もそれを期待して、とりあえずは放置して様子をみます。



Img_5533
こいつは久しぶりに再会のワラジムシ。
これまで全然姿を見なかったけれど、いったいどこにいたんだろう。
というか1匹だけ?



Img_5534
きょうの生ゴミは野菜くず・たまごの殻・コーヒーかす。
コーヒーかすは処理しやすいように野菜くずの下にばら撒いてあります。

↓ランキング参加中↓
応援していただけると、励みになります。

にほんブログ村 その他ペットブログ 珍しいその他ペットへ
にほんブログ村

2010年8月14日 (土)

2号箱にはあいかわらずカビが

涼しくなったので、ひさしぶりにオーディオのスイッチを入れました。
こんなの聴いてます↓

Img_5123

アンナケイの「Tsuki」です。
思わずジャケットで選んでしまいましたが、中身もなかなかイイです。
適度に華やぎながらもしっとり落ち着いた感じのバラード系ポップス。(なぜかジャズの棚にありましたが)
なんだか部屋の中にいい香りがしてきそうな気がしてきます。
これはアタリです( ̄ー ̄)ニヤリ

きのうの1号箱にひきつづき、きょうは2号箱です。

Img_5115

カビがねぇ…あいかわらずです。
1号箱の連中はすぐに平らげたというのに、2号箱の連中はまったく。
キュウリの種のまわりの柔らかい部分は、すっかりきれいに食べてありました。
表面にミミズの姿は無く、培地のごく浅いところに潜んでいるようです。
ちょっとほじってみたらワラワラしていました。

培地の温度は31℃でした。
触ってみても以前よりムンムン蒸れ蒸れでなくなっています。
微生物の活動がちょっと落ち着いてきたか?
それとも気温と連動しているのか?

あと変化があった点というと…
フタの裏側になにやら赤い点々虫がいっぱいくっついていました。

Img_5117

わかりにくいですね。ではアップで。

Img_5118

さらに、 どアップで。

Img_5119_2

大きさは1ミリにも満たない、まさに点々な虫です。
以前から2号箱で見かけてたんですが、大増殖していました。
こいつ、いったいなんていうのでしょう。
とりあえず害は無さそうなので黙認しておきます。

さて今回の生ゴミ投入。

Img_5120

たまごの殻、キュウリです。

↓ランキング参加中↓
応援していただけると、励みになります。

にほんブログ村 その他ペットブログ 珍しいその他ペットへ
にほんブログ村

2010年8月 5日 (木)

1号箱で脱走

1号箱で脱走がありました(涙目)
いや脱走と確定したわけじゃなく、まちがって堆肥受けに落ちただけかもしれないんですが。

衝撃の脱走犯ども↓

Img_5105

でもこの写真じゃ分かりにくいですね。
堆肥受けの中の写真です。
ミミフン堆肥の中にミミズが潜伏しています。
このところ頻繁に水をやっているので、ミミズ箱の底の方が過湿状態になっているみたいで、それを嫌って脱走した可能性があります。
あるいはたまたま余分な水分といっしょに落ちただけかもしれません。
どっちにしても、大量脱走ではないようなのでとりあえず様子を見ます。
脱走ミミズは堆肥ごとミミズ箱に戻しておきました。

でもこれでひとつ分かったのは、堆肥受けに施したイイカゲンな防水加工が意外に効果があったということです。

きょうの生ゴミ投入。
まず投入まえ↓

Img_5102

小松菜はほぼ完食です。さすが!
キュウリの種のまわりの柔らかい部分にミミズが集まっています。
ライトで照らしても全然逃げません。
食事に夢中って感じです。
残った生ゴミは蕩けかかっていて、やや異臭がしているので要注意ですが、まあ全体的には表面には異常はなさそうです。

投入後↓

Img_5108

キュウリ・ナスのヘタ・たまごの殻・コーヒーかすなどです。

↓ランキング参加中↓
応援していただけると、励みになります。

にほんブログ村 その他ペットブログ 珍しいその他ペットへ
にほんブログ村

2010年8月 3日 (火)

2号箱のぐあいが…

元気を回復しつつある1号箱と入れ替わりに、今度は2号箱がおとなしくなっています。
調子に乗ってゴミ投入しすぎたかなぁ。

Img_5099

ゴミはまったく減っていない模様…。
元気なのはカビとトビムシだけ。
箱の壁にミミズが這い上がっていますが、もしや培地の環境が悪くなっていて避難しているのでは…?
このまえ腐った小松菜を投入したしなぁ。
そいつがなにか悪さをしているのかも…?

だんだん不安になってきたので、培地のなかをほじって見てみました。
するとミミズはいちおうゴミの下で元気にワラワラしていました。
だけどそのワラワラ具合にムラがある感じなのです。
具体的にいうと、箱の右半分にはたくさんのミミズが集まっているんですが、左半分にはあんまりいません。
ということは左半分の環境が悪化しているということ?
うーむ。

考えてても仕方ないんで「えいやっ」といって箱全体をかき混ぜました。
環境悪化の対策その1は「とにかくかき混ぜること」
こうして培地の中に酸素を供給してゴミなどの分解を促進します。

培地のなかに異常は特に無いように見えました。
悪臭もなったくなし。
腐った小松菜もほとんど無くなっていました。
ただもうイヤになるくらいムンムン蒸れ蒸れな感じ。
人肌くらいの温度だと思います。
これじゃあミミズも暑いだろうと思って、水を撒いておきました。

しつこくかき混ぜてからきょうの生ゴミ投入。
ほんとは「調子が悪いときにはゴミ投入は控える」というのが、環境悪化の対策その2なんですが…。

Img_5101

たまごの殻・コーヒーかす・野菜くず(ゴーヤ、キュウリ、かぼちゃなど)です。
ゴーヤとかぼちゃはミミズが好みそうなので、暑中お見舞いということで。

↓ランキング参加中↓
暑気払いにひとつクリックしてみませんか?

にほんブログ村 その他ペットブログ 珍しいその他ペットへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

ランキング参加中!  ポチッと応援おねがいしますm(__)m

  • にほんブログ村 その他ペットブログ 珍しいその他ペットへ にほんブログ村 花ブログ 堆肥・肥料へ にほんブログ村 環境ブログ ゴミ・リサイクルへ
無料ブログはココログ